町家とは?その定義や古民家との違いについて知る

町家とは

暮らしの知恵や職人の技が詰め込まれた町家。

京都や金沢などの観光地のポイントとして認識されることも少なくありませんが、なじみの街を意識しながら歩いてみると昔からの飲食店など、皆さんの身の回りでも見かけることができます。

町家とはどのようなものを指すのでしょうか?近いようで遠い、日本の文化を語り継いできた町家を改めて見返してみましょう。

町家・町屋・古民家。地域によって、呼び方はいろいろ

広義での町家は文字通り、「町の中の家」、今での都市住宅のこと。

ただし町家は、近代日本の都市部での民家を指すと考えられています。そのスタイルも時期や地域、あるいは産業によって背景が異なるため、商家などの屋敷では“町屋”、民衆の自宅を“町家”とするなど、使い分けている例も見られますが、町家がどんな建築物かを指しているのかと同様に、地域や話者によって言い回しが異なります。

江戸の町家は町人の住む「長屋」が町家といえるし、金沢や姫路など城下町として独自に生まれてきた町家もあれば、倉敷や川越、柳井といった蔵を中心とした独自の街並みもあります。たとえば、京都であれば、京“町家”と記載されるように京都では“町家”と記載されることが多く、公益財団法人京都市景観・まちづくりセンターでは、京町家の外観に関する評価をまとめた京町家プロフィールを整備し、所有者やその関係者の認識を深め、適切に維持・管理、および流通されることを目指しています。

京都に限ってはこのような定義がありますが、全国的にみると人によって、場所によって解釈が異なり、全国的には統一した定義はみかけられません。日本全国にある、伝統的な軒を連ねた“都市型”の住居を指すことが多く、都市圏はもちろん、地方の城下町や宿場町、港町、門前町、在郷町など、地域によってその見た目はことなります。皆さんのイメージする奥行きが深い作りの町家(いわゆる“うなぎの寝床”)だけではありません。

町家とは

一般社団法人全国古民家再生協会では古民家の定義を、昭和25年の建築基準法の制定時に既に建てられていた「伝統的建造物の住宅」としているため、この定義によると、京町家も古民家のくくりに含まれてしまいます。

町家のルーツと、時代に合わせた特徴

町家(ここでは京町家について言及しています)は平安時代の中期にその起源を持つと言われています。

この時代に地方から出てきた、商いを営む人々が、暮らしの拠点を移動の導線にあわせ小屋ををつくっていったことが起源となっています。個人で建て始めた町家も、室町時代には街の発展にともない、軒を連ねて立ち並ぶ町家が増え、コミュニティを形成し始めます。

今日の京町家の原型が形成されたのは、江戸中期と言われています。、大工の技術や工具の発達をきっかけとして、洗練された様式が確立。大正末期から昭和初期にかけては洋風建築などの影響を受けながら変化してきました。

建築された背景や時代によって、特徴が異なるため街中を歩いていても、異なる見た目の町家に出会うことができるのです。

町家とは

また、一口に町家といっても、京都や大阪など伝統的な都市住宅としての町家と、地方城下町や宿場町、港町、門前町、在郷町など、どのような背景で成り立った町なのかによってその特徴は異なります。

京都や大阪などの町家・町屋の場合は、地割り(区画)の影響を強く受けてつくられました。人口増加によって、高階層の建物を建築できない当時は宅地を細分化することで、より多くの住居用意する必要がありました。その結果、細かい町割りになり、間口が狭く奥行きが深い地形に職住併用の住宅を建てるパターンがうまれました。一説によると、徴税の負担が間口の幅で定められていたため、敢えて間口を狭く、奥に長く建てたとも言われています。

地割の影響は通りに面した町屋・町家だけでなく、裏通りや敷地の奥の路地に面した場所にも影響しています。複数個の間取りが一つ屋根の下に作られる棟割長屋などはこれにあたります。当時の様式のマンションの誕生です。

全国的に減少する、後世に残していきたい町家

時代によってその文化を色濃く反映させてきた町家や古民家ですが、その数は減少の一途です。維持が難しいため、解体されてしまったというニュースを目にする機会も少なくありません。

例えば京都市では、平成20~21年に約4万7000軒の京町家が現存すると調査で発表されていましたが、平成28年の調査ではその数が4万軒台前半に減少し、年間800軒もの京町家がその姿を消しているという事実が明らかになりました。

その減少スピードは約2軒/日。全国的にみると、その数ははかりしれません。

町家 町屋

未来に向け、広がり始める町家を残すための活動

減少が進む中、町家や古民家を次の世代へ引き継いでいくための取り組みもすすんでいます。

町家を居住用として活用するだけでなく、オフィスやカフェ・店舗、そして宿泊施設として利用されることも増えつつあり、さまざまな補助金・支援制度を設けている例もあります。また、その魅力を伝えようとする民間の有志の方々の活動も増えてきました。

他地域に先んじて支援制度が整い始めている京都

種類支援制度京町家
指定地区内の京町家個別指定京町家
修理・修景等指定京町家改修補助金
京町家の保全・継承に必要となる改修工事にかかる費用の一部を補助。
個別指定京町家維持修繕補助金
日常的な維持修繕にかかる費用の一部を補助。
京町家まちづくりファンド改修助成事業
まちづくりの活動拠点等となる京町家の工事費用の一部を助成。

京都の町並み景観や生活文化の象徴である京町家は、近年その価値が見直されて、居住用はもとよりさまざまな方法で活用されています。

京都市では、京町家に関わる自治体や金融機関などが、補助金・支援制度を設けています。上記はその一例です。より詳しい支援制度を知りたい方は、京町家についての補助金や支援についての記事があるので、そちらを参考にしてみてください。

“March”に“8”の「マーチヤ」に、全国で町家との出会いを作る『町家の日』

町家の日

毎年3月8日を「町家の日」に設定。京都はもちろん、姫路・金沢など、全国各地の町家を巻き込み、まだまだ町家に興味を持てていない人たちに対して、その前後複数日にわたって、町家に興味を持ったもらうきっかけづくりがおこなわれています。

町家の日とは、京町家を借りたい人、貸したい人、買いたい人、売りたい人のための市民ネットワーク組織「京町家情報センター」主催ではじまった取り組みです。期間中は、各地で町屋家をアートギャラリーにしたり、伝統工芸のワークショップ、お茶会などさまざまなイベントが開催されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!